遺言書の必要性と書き方、相続、認知症問題のご相談を通じて、適切な財産管理と、亡くなった後の財産を巡る紛争を未然に防ぐための、情報提供を目的としています。

遺言書の必要性と書き方、相続、認知症問題のご相談を通じて、適切な財産管理と、亡くなった後の財産を巡る紛争を未然に防ぐための、情報提供を目的としています。

法定相続人について

定相続人とは、民法で定められた相続することができる人のことをいいます。

配偶者がいる場合は、配偶者は常に相続人となりますが、その他の相続人の順位に応じて配偶者の相続分は変動することになります。

第一順位

配偶者と子が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者1/2,子1/2となります。
子が複数いる場合は子の相続分1/2を均等配分します。
子が既に死亡していたり、廃除や欠格によって相続の権利を失っている場合は、
それらの子(被相続人の孫)が代わりに相続します。(代襲相続)
子には、嫡出子だけでなく、非嫡出子、養子、胎児なども含まれます。
ただし非嫡出子の相続分は嫡出子の1/2です。

第二順位

父母が相続人となれるのは、子や孫などの直系卑属がいないときだけです。

配偶者と父母が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者2/3,父母合わせて1/3となります。

父母ともに健在のときは、1/3を均等配分します。

子や孫などがいなくて父母ともに亡くなっている場合は、祖父母が相続人となります。

さらに祖父母が亡くなっている場合は、曾祖父母が相続人となります。

第三順位

兄弟姉妹が相続人となれるのは、直系卑属(子や孫など)と直系尊属(父母や祖父母など)がいないときだけです。

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者3/4,兄弟姉妹合わせて1/4です。

兄弟姉妹が複数いる場合は、1/4を均等配分します。

兄弟姉妹に亡くなっている人がいる場合は、それらの子(甥や姪)が1代に限り代襲相続します。

Copyright © 2017 一般社団法人 相続遺言あんしんネット All Rights Reserved.

大阪市中央区南新町1-4-1 201,電話相談窓口 06-6910-4338

ページの先頭へ戻る

関連リンク集